バリテインの成分「Lシトルリン」「Lアルギニン」、生殖器への効果

バリテインはペニス増大サプリとして、インターネットなどで注目されています。

なぜペニスが大きくなるか、疑問に感じる人がいるでしょう。

ペニスのサイズアップのカギを握る成分として、バリテインに含まれる2つの主成分に注目しましょう。

seibun1

まずはLシトルリンです

Lシトルリンはペニス増大の効果が期待できると考えられ、多くのペニス増大を目的としたサプリに配合されています。

もともとアミノ酸の一種で、体内に吸収されると一酸化窒素の生成を促します。

一酸化窒素はあまり聞きなれない成分かもしれませんが、血管を拡張する効果があって、血行を促進するために欠かせない役割があります。

男性は性的興奮を覚えると、ペニスが勃起します。
これはペニスに血液が流入して、海綿体が硬く膨張することで起こります。
Lシトルリンを摂取すれば、ペニスにも血液が流入しやすくなって、頻繁に海綿体の膨張ができます。
これを続けていけば、海綿体のボリュームアップも可能で、結果的にペニス全体のサイズアップができるのでは、というわけです。

L-アルギニンという成分

Lシトルリンと同じアミノ酸の一種として、Lアルギニンもバリテインには配合されています。

Lアルギニンには、男性ホルモンと成長ホルモンの分泌を活発にします。

成長ホルモンは、私たちの体の成長に欠かせないホルモンです。

思春期に最も分泌が活発になり、成人後は分泌量が少なくなります。

もちろんペニスの成長にも欠かせないホルモンですから、分泌を活発にすれば、サイズアップも見込まれます。

男性ホルモンは、勃起や精子の生成などの男性機能を活発にするために欠かせません。男性ホルモンの分泌が活発になれば、精力増強効果が見込まれます。

さらにLアルギニンにはLシトルリンと同じく、一酸化窒素を生成する作用もあります。

血管拡張して血行を促進し、勃起しやすい環境を作ります。

このようにダブルLとも言えるこの2つの成分によって、ペニスのサイズが何回りか大きくなったという口コミもしばしばネットで紹介されています。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ